HOME > 総括技術部長挨拶

総括技術部長挨拶

岩手大学副学長(研究担当)
吉川 信幸

岩手大学技術部は、理工学系、農学系、および情報の3技術部からなり、約80名の技術部職員が所属しています。 理工学系技術部では、理工学部の教育・研究に対する技術支援や技術指導、各種分析機器の保守管理や依頼分析、 学科・コースの運営、社会貢献活動など多様な任務をこなしています。農学系技術部の業務としては、農学部の教 育・研究支援に加えて、農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター、農学部附属動物病院、およびRI 総合実験センターの施設の運営に中心的に関わっており、施設の維持管理、事業運営、施設を利用した教育研究活 動の支援を行っている点が特徴です。また、情報技術部は、情報基盤センターの業務を中心に、全学の「教育・研 究に関連したシステム」および事務のシンクライアントや学務系のシステム等を含む「業務系システム」の管理・ 運営を担当し、大学の運営を支えています。

ご存知の通り、現在、日本の社会は、少子化による人口減少や地方の過疎化・高齢化、また急激なグローバル化な ど、様々課題に直面しております。このような状況の中で、岩手大学は地域の「文化・社会・経済」を支える中核 的学術拠点として、卓越した研究力と質の高い教育力を通じて、地域が直面する課題を解決するために、より一層 機能を強化することが求められています。

一方、国立大学の財政状況が厳しい中、基盤経費である「運営費交付金」は年々減少しており、経費節約や人員削 減は今後も一層厳しくなると考えられます。加えて、研究/教育が中心だった以前の大学の任務と比べると、地域 貢献や復興、生涯教育など各種事業・社会活動を積極的に行うことが大学の使命となっています。

岩手大学の安定的な教育研究活動を維持するためには、高度な技術者‘匠’集団である技術部の研究・教育支援お よび運営に関する業務は、ますますその必要性、重要性が高まると思われます。総括部長として、各技術部長、技 術室長、技術職員と協力し、岩手大学と地域の持続的発展のために、技術部の活動を一層推進したいと思いますの で、今後とも技術部へのご理解とご支援をよろしくお願いいたします。